タグ:風力発電 ( 31 ) タグの人気記事

d0149466_217571.jpg

大瀬の海岸の道路沿い、アロエの花が満開です。
道路に面する斜面の崩落防止に場所をとられ
高砂百合との混生の群落はもう記憶の中。

アロエの花の向こう、山の稜線には、風車がいくつか回っています。
この時期、特に夜間静かになると
西風に乗って我が家まで風車の唸り声がとどきます。
ズボンの裾を揺するような低音と妙な機械音、心地よいわけではありません。

d0149466_2251436.jpg

これは大瀬より少し下田よりの集落、下流の海岸沿いの景色です。
暖かい季節なら垣根のハイビスカスが真っ赤な花が印象的な場所ですが
今はアブラナ科の野菜から咲いた菜の花が浪の光に揺れています。

今年も日野の菜の花はあまり成長が捗捗しくありません。
多分塩害のせいではないでしょうか。
まだこの辺は汽水域なので塩分が濃くなりがち。
以前、土をかじったら塩気がきいていたのを思い出しました。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2014-01-12 22:19 | この地の産物
d0149466_10883.jpg

「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画を見てきました。
上映後に中山千夏さんのトークがありました。
お話の中で「スウェーデンと青森の風力発電の印象が違った
それは住民が話し合って選んだものか、お上が作ったものの違いでしょう」
というような件がありました。

これは奥石廊の景色です。
静かな海辺の水平線付近だけに日が射して。
夕日も素敵ですが、こんな景色は望んでも得られない
本当にご縁でしょう。

d0149466_191558.jpg

奥石廊から少し下ると仲木の集落です。
義父の墓参りへいくと自分の家のまわりでも聞き慣れた音が。
ウ〜ンとA付近の音階の持続音と塔と羽が干渉する低音でしょうか
ウォンウォンと風に乗って集落の谷間にこもって響いています。
堤防からの眺めがきれいかどうか、まだ見慣れないのは確かです。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2011-08-22 00:58 | この地の産物
d0149466_2382573.jpg

石廊崎は層雲峡から大瀬側の風力発電がよく見えるところがあります。
最初の峠の少し手前、ここまで来ると風切り音がよく聞こえます。
ブレードのしなりもよく分かってトップで一番しなり
真下付近へ来ると元へ戻る事を繰り返しています。
じっさいは単純に大きく一周の間にしなるのではなく
ブレードの固有振動があるのでしょうか、細かい振動も見てとれます。
これを正面でうけると悪名高い極超低周波になるのかもしれません。

d0149466_23191651.jpg

大瀬側の取り付け道路を上がれるところまで行ってみました。
フェンスのあるところまで行くと目の前にどーんと見えます。
そこに発電量でも表示しているビジターハウスを作ったらいいかもしれません。
ふとわきに目をやると削り取った山の斜面に切れ目が。
これは伊豆沖地震で動いた石廊崎断層の枝でしょうか
まあ風力発電は倒れても原発と違ってそれほど被害はありませんが。
ただし、ここの会社が下北半島に原子力発電所を作っているのが気になります。

d0149466_2332681.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2011-06-22 22:37
d0149466_22365952.jpg

おせちに入りきれなかった
タマゴの味噌漬けを妻がちょっといたずら。
すこし茶色いので野うさぎでしょうか。

そういえば年末の夕暮れ、実家の行く途中の荒田で
道路を横切る野うさぎを見かけました。

ヘッドライトに一瞬、うかびあがった伸びやかな姿
不思議な国のアリスにでてくる時間ウサギさんみたいで
「ちょっと出てくるのが早かったよ〜」と妻と車のなかでにっこり。

荒れ放題の田んぼにはウサギどころかイノシシまで住み着いて
過疎地の里山どころか農地までヒトのものからケモノのものへ。

今日は夜勤明けで夕食を妻、母とともに揃って実家でいただき
下の駐車場に歩いてくる途中で海側から奇妙な連続した機械音がします。
どうやら前の山に背後の風力発電の音がコダマしているようです。
一日二日はブレードが止まっていましたが回りはじめた様子です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2011-01-03 23:19 | この地の食べ物
d0149466_23542066.jpg

今日の夕焼けです。
とても静かでした。
午後からお休みを頂いて、友人のところへ患者さんと一緒に作る
しめ縄の材料用にする稲ワラをいただきに田んぼへ行ったりしてました。

で。
夕食前に散歩。
虫の音はほとんど聞こえなくなりました。
日の沈んだ空を振り返ると風力発電が稼働中。
ここでは、ほとんど風を感じないのに
ナセルを左右にゆっくり振りながらブレードが廻ります。

d0149466_042677.jpg

デジタルズームを使用したので画像が荒れました。
耳を澄ませば、ブオッブオッとブレードの風切り音でしょうか、かすかに聞こえます。
下の薮ではうぐいすが、チャッチャッと鳴いています。
今夜から地区の消防団の夜警が始まります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-12-01 22:43 | デジカメ散歩
d0149466_21521421.jpg

つくづく難しいなあと思うのが見慣れた景色を撮ること。
強い西風のあとため息のような、やさしい夕暮れ。
カメラを向けてもただ撮れるだけで合点がいかない。
自分は何を見、感じているんだろう、なさけない。
ただ絵心がないだけなんだろうか、ため息。

体の真横に日を浴び佇んでいると妻の恩師が、お知り合いを連れて
妻の実家近くに宿泊するというので夕日を見せに立ち寄ったと
車から降りて歓声を上げ額に手をかざしたり両手を広げて
夕日をいっぱい浴びながら本当に気持ち良さそう。
ひょんな出会いが夕日の気持ちよさを、お互い味わえて救われた。

d0149466_228981.jpg

すっかり日が陰り暗く沈みはじめた集落入り口からふりかえると
こいつらも落陽を浴びて気持ちいいんだろうなという風情。
列車のモーターのような、かすかなうなり音が谷間にそって降ってきます。
真ん中だけが回っていましたが左もゆっくり稼働しはじめました。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-11-11 21:48 | デジカメ散歩
d0149466_23191282.jpg

エゴノキです、枝ぶりや花が好きです。
この時期の散歩の楽しみです。

散歩しながら、いろいろ思いをめぐらします。

風力発電の工事で味わった業者につのった不信感や挫折感。
沖縄の基地問題や宮崎で流行している口蹄疫への対策などなど。
どこかで繋がるような繋がらないような。

口蹄疫の問題は家畜だけで済むのか?
野生動物、猪なども罹るのでその対策は?とか。
感染防止の基本が感染経路の遮断なら
もうすこし、自衛隊とかをさらに追加動員して包囲網を作らないと。
新型インフルエンザの空騒ぎに懲りているわけでもあるまいし。
非常事態とは天災とはテロとは・・・・。
そういうときの他国の軍隊に応援をあおぐのはおかしいでしょうか。
すこし、いえ大分、もやもやしてます。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-05-19 23:41 | デジカメ散歩
d0149466_232322100.jpg

水ブキの収穫が、たけなわ、いつもの散歩道での光景。
おばさん、緑の洪水の中で泳いでいるようにも見えました。
日ざしは暖かく風は冷たいというコントラストの強い日々が続きます。
なかなか、ふんわり、うとうととはいかないようです。

d0149466_23334078.jpg

アロエの収穫もあちこちで。
お話をうかがうと、「先端が赤くなったのお茶にはだめ、商品価値が下がってね。
長さも機械の都合で21センチに切りそろえるの、手が挟まれないように。
いまはジュースが売れてね、中身だけ使うので、何とか引き取ってくれる。
ここは風が強いので霜よけの寒冷紗も2枚かけないと吹き飛ぶのよ。
土地も水はけが悪いとなかなか育たなくて」
一見、植えっぱなしに見えたんですけど、ご苦労が多いんですね。

d0149466_23501340.jpg

アロエ畑の向こうには風力発電のブレードがワルツで回っています。
一番手前が停止しているためか、風向きのせいか、ほとんど音を感じません。
かわりに小鳥の鳴き声が頭上を通り過ぎます。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-04-26 23:20 | この地の産物
d0149466_082374.jpg

去年、実家の近所の落ちミカンのスナップ写真で
すこし もったいない。というブログをあげました。
木工屋さんへ行く散歩道の傍らで、同じような光景に出くわしました。
下草があまりボウボウ生えていないので
つい最近まで人の手が入っていたのでしょう、本当にもったいない。

d0149466_01493.jpg

アロエの葉っぱ、何かのオブジェみたい。
朝露とかついていれば、もっときれいでしょう。
サメの歯を連想しました。

d0149466_019732.jpg

尾根沿いのミカンやアロエ畑をぬって
軽トラックがやっと走れるほどの道が続きます。
遠くに見えた風力発電のタワーが木工屋さんの家が建つ谷を下りはじめると
木々の枝に見え隠れ、ブレードのしなりも夏には葉が繁って見えなくなる筈。
それにしても、めまいをおこしそうな、たとえようのない音が谷に響きます。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-04-09 00:31 | デジカメ散歩
d0149466_22435785.jpg

散歩の続きです。
道を抜けてゴロタ石の浜から堤防が出ています。
突端には波消しブロックが積み重なって
釣り人がのんびり竿を垂れています。
手のひらほどの、こっぱメジナが釣れて笑いがおきます。

d0149466_22594876.jpg

ふと、背中に気配を感じて振りかえると
風力発電のブレードが見えました。
南向きの風で風車の列に沿って流れているため
風上と風下の風車を交互に回していました。
そのたびにブレードやナセルがゆっくり動きます。

d0149466_23203334.jpg

ナセルが山に隠れて見えない風車は
ワイパーのようにブレードが空を撫でます。
沖の岩礁にも何人かの太公望が。
漁船がゆっくり磯場を向けてゆきます。

d0149466_23311631.jpg

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-04-07 21:30 | デジカメ散歩