タグ:ライブ ( 21 ) タグの人気記事

d0149466_22251100.jpg


青山通り、表参道の横断歩道、目の前で両手に袋を提げた爺さんが転ぶ。
安全地帯で数人の若者と立ち往生「大丈夫ですか?」
振り返って交番まで向こうの方と身振り手振りで伝言ゲーム。
駆けつけた警察官に「山手通り?」と尋ねたご老人、いいねえ。

クリスマス前、去年までは試食が出来たチョコレートのお店。
いつもなら出口で商品を手渡しして頂くのだが
カップルが沢山でそれもかなわず、もう場違いなのか。

津田ホールがもうすぐ閉める。
このホールでは最後の小林先生のゴルドベルグ変奏曲。
先生の演奏はバッハの部屋にレースのカーテンを引くように感じた。
今までは新しい調度品で迎えられたような楽しさがあったので少し寂しい。

地下のユーハイムは数年大丈夫。
ホール閉鎖の理由を聞いたら向かいの体育館の建て替え工事の騒音だと。
バウムクーヘンを切ったような席は今度座るとしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2015-01-11 22:14 | この地のコトバ
d0149466_2240123.jpg

1月26日、松本の松本市音楽文化ホール、ザ・ハーモニーホールでの講演へ行ってきました。
2月11日、同ホールで演奏されるBWV232『ミサ曲 ロ短調』の予習です。
講師はバッハの研究の大家、礒山雅 さん、素晴らしい講義でした。
予定時間を過ぎて講義が終わりました。
で、講演後、ロビーに展示してあったバッハの直筆譜のファクシミリ版を開いて復習。
最後に作曲したと思われるニカイア信条の「乙女・マリアより・・・」の挿入部を指し示して。
先生への質疑応答は続き、とても終わりそうもありません。

d0149466_2259256.jpg

楽譜の最初のほうをパラパラめくる先生の手付きの鮮やかな事。
そして一曲目の「キリエ」楽譜の美しいこと。
思わず「きれいですね」と呟くと先生はにっこり。
それに比べ失明寸前の頃バッハが書いた音符は滲んだり、たどたどかしかったり。
これは立派な病跡学の世界なんですね、後ろ髪をひかれる思いでその場をあとにしました。
さて、本番は2月11日の小林先生指揮による全曲演奏。
いまから本当に楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2014-02-02 23:12 | この地のコトバ
d0149466_2352096.jpg

昨日、催されたバッハフルートソナタの公演後のワンショットです。
残念ながら少しピンボケ、舞台の袖下の暗さに古いiPhoneはこれが精いっぱい。
北川さん、そして辰巳さん本当い素晴らしい演奏ありがとうございました。
そして合唱やfacebookでお知り合いになれた勝又さんお久しぶりです。

開演ギリギリで気持ちが落ち着く暇なく始まった公演
前半と後半ではフルートの頭部管を取り替えたと思うくらい違って聴こえました。
公演後、北川さんにお尋ねしたところ同じ管と分ってビックリ。
貸与された由緒ある金の銘管、素晴らしい音色です。
今までお使いのフルートより線が太く音も吹き込むと遠心力が増す感じです。
今度は二管揃えて音色比べの演奏会を是非していただきたい。

d0149466_093972.jpg

また北川さんや辰巳さんからサインを頂きました、いつもバッハ絡み。
これから行われる下田文化会館の公演も楽しみ。
OPUS ONE Classicの次の演目は岩崎洵奈さんのピアノリサイタル。
『オールショパンの夕べ』 これは聴きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2014-01-24 00:24 | この地のコトバ
d0149466_23494680.jpg

第5回 小林道夫サマーアカデミーin下田のパンフレットに頂いたサインです。
裏返った圓谷さん野間さん、そして高橋さんごめんなさい。
このサインはドイツ留学が決まった井口さんから頂いたもの、おめでとうございます。
「また下田に来たいです」とおっしゃって頂きました、お願いします。
そして楽しいお話を沢山していただいた北川さん、辰巳さん、長岡さんなど沢山の方
そしてお話ができなかった方々も含めてご縁があったら、また下田でぜひお会いしたいです。

d0149466_0322578.jpg

写真はカンタータ4番のコラールを練習しているときの一場面です。
合唱になると先生がオケをとめる頻度が多くなり「我々は・・・」と指導に入ります。
そう、決して「あなた方は」ではなく「我々は・・・」なんです、そこが奥深い。
演奏会の後、先生のコラールがどうして瑞々しいのかお伺いしました。
「教会の讃美歌のようにザーッと唄うやり方もあるんですけど
私はリートの伴奏をずっとしてきたので言葉の繋がりを大切にしたい」
言葉を選びながらパーティーの喧騒の中に消え入りそうな声で仰ってくださいました。
じつは北川さんからアドバイスを頂いた内容を盛り込んでのブログ記事です、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2012-08-20 23:03 | この地のコトバ
d0149466_21233297.jpg

4月24日の夜、下田市民文化会館の大ホール舞台上に限定100席を設け
『辰巳 美納子 スプリング チェンバロ プレミアム コンサート』が催されました。
こんかいの椅子の配置はオーケストラで例えると、楽器セクションの位置に観客が座り
チェンバロが指揮者のところに置かれ普段の客席とは金銀の屏風で縁切りをしてありました。

開演の10分ほど前、席に着くと男性の調律師の方が最後の調音を念入りにしてました。
シャランシャランと乾いた音が舞台上に響きます、屏風の反響も柔らかくて、いい感じ。
写真は中休みのとき再度、調律を取っている際、撮影したものです。

d0149466_21284536.jpg

コンサートが終了してお弟子さんが譜面の片付けにときのリクエストショットです。
広げてある譜面はダングルベールのプレリュード・ノン・ムジュレです。
各曲の演奏前に辰巳さんのレクチャーが入り、その時「タテ線が無いんですよ」と
にっこり笑いながら客席へ向かって広げて見せていただいた時の譜面の美しさにアンコール撮影でした。

『夜バッハ』とはOTTAVAのamoroso for weekend冒頭の『朝バッハ』からいただきました。
バッハの平均律クラヴィーアに始まりバッハのゴルドベルグに終わったコンサート。
チェンバロの音色が演奏中しっとりしてきてその件でお弟子さんと、お話ひとしきり、素敵な晩でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2012-04-28 20:53 | この地の人
d0149466_21121699.jpg

久々、コンサートというより白熱のライブです。
小林先生のレクチャーコンサートが開かれたコトブキDIセンターのホールは小さくサロン風の設えでした。
演奏前に小林先生からシューベルトのピアノトリオD898(op.99)は
「楽譜を紐解きながら当時のピアノと現代のピアノの音色の翻訳に苦労した」と。
そして一曲目のラントハルティンガーについても資料を片手に解説がありましたが
「同じ旋律が3回、それもまったく同じに繰り返されて。彼のタレント(才能)はその辺だったのでしょうね」
とラントオハルティンガーが『魔王』の初演で三回唄った逸話を交えて、にこやかにピアノにつきました。

いざ演奏が始まれば芸大、元カンタータクラブの方々のピアノ、チェロ、ヴァイオリンの濃密な鼎談
楽譜、演奏者、聴き手の三者も濃密な距離でお互いの息遣いが絡み合いながら時間が流れます。
力強く、そして明るいピアノトリオの演奏、シューベルトが生きていて通りかかったらどう思うでしょう。
ヴァイオリンの長岡聡季さん「三日間のプローベがマスタークラスのレッスンでした」と
演奏を終えて、いつものようにうつむき加減なお顔でお話をなさいました。
左顎にはくっきりと紫色のに内出血、博士号はシューベルトの室内楽でしたね、納得の演奏。
次の機会にはD929とアンコールを加えて、魔王の初演3回連続演奏の逸話の再来を是非。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2012-03-06 00:20 | この地のコトバ
d0149466_23461640.jpg

演奏会のパンフレットにチラシやアンケートをはさみ込んでいます。
およそ800部、たいした時間はかからないのです。
手が乾燥気味でうまくチラシが取れなかったり
ポスターの森麻季さんの美しさにため息が出たり
井戸端会議のネタには事欠かない時間です。
だんだんわが身の打ち明け話になって「私も、もう(歳があなたの)お仲間になって仕事やめたのよ~」
「親のね、面倒を見ているので今日はショートケアに預けてね」などなど。

d0149466_04296.jpg

これは当日、東京混声合唱団のゲネプロで聞かせていただいた
『オンゴー・オーニ』の練習風景です。
この曲を単体聴いただけでは正直、難しい、よくわからない曲でした。
もちろん東京混声合唱団の歌唱力の美しさは格別なんですが。
謎解きは本番で分りました。
自分達が歌う『筑後川』から始まって徐々に抽象性と無調性が高まってゆき
最後は世界の愛唱歌で落ちつく、和音の移行を聞くようなプログラムだったんですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2012-02-12 23:36 | この地のコトバ
d0149466_21183161.jpg

アラビアの唐草模様か文字のようになりました。
ケグラニアンのあるじ、ベンさん制作の万華鏡。
万華鏡をのぞいていると漆黒の宇宙に浮かぶ星か
宇宙船、いまならハヤブサでしょうか、想像しちゃいます。
『海辺の展覧会』、ほかにも素敵な作家さんたちが
多数出展されていました、別の機会にあげたいです。

d0149466_2142689.jpg

夜勤明けのその足で次に向かったのが下田の市民文化会館。
芸術祭の発表がホールで目白押し。
ちょうどギタリストの藤原重利さんのギター教室の発表会。
お客もまばらな席に腰掛けて生徒さんたちのギターを聴く。
夜勤明けの頭には心地よい、ああ、どんどん眠くなる。
最後に師匠を含めヴォイジャーギターさんや、長谷さん、山本さん
気の置けないメンバーでJAMセッション、脳が漂います。
聞き終わって下の扉へ向かうとき階段からこけそうになりました。
家に帰ってからは逆に覚醒して、ずーっとリヒターのバッハの中にいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-11-16 20:16 | この地の人
d0149466_837536.jpg

「秋だね・・・・・」。
特養のライブへ出演した千鶴伽さん富塚和彦さんたちと終わってお茶をして
わかれ際、音楽事務所の先輩と、ふたりでつぶやいた言葉。
目の前には真っ黒な富士山。

今年は季節の感じ方が今までとは違うように思えました。
とくに夏は体の内側にも汗をかくような日々を感じました。
特養の納涼祭も、例に漏れずそんな日。
千鶴伽さんがライフワークにしている 『なつかしい唄と旅話コンサート』
暑かったけど素敵&楽しかったです。
スタッフの方々、本当にご苦労だったと思います、ありがとう。

お茶の後、先輩と再会を約束して握手をしたとき一陣の風が。
たしかにコンクリートの駐車場を吹く風は熱気をはらんでいましたが
抜けたあとは、秋の肌触りを感じました。
帰りの天城峠の温度表示は22℃でした。

d0149466_1044111.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-08-08 08:08 | この地のコトバ
d0149466_2336521.gif

以前渋谷のライブハウスでお聞きしたアベコバさんたちの下田での初ライブが決まりました。
チラシにあるとおり7月1日の夜、下田の吉佐美にあるスパイスドッグで催されます。

先日、地元のギター少年たちに数枚このチラシを配りました。
正直、そのときの反応はイマイチ。
本番前で、てんぱっていたのか、毛色が違っていたせいかもしれません。
まあ、何人かは興味を持って聞きにきてくれることを期待してます。

アベコバさん、これを機会に何度か下田へ足を運んでいただき
伊豆ではちょっとマイナーなジャンゴラインハルトの世界
ジプシースウィングが知られればと思います。

個人的には以前、お聞きした山本 佳史(やまもと よしふみ)さんや
九州在住の手島 大輔(てしま だいすけ)さんも好きです、西の方が優勢ですね。

このチラシは修正を自分が担当したので、主催者に許可を得てブログへあげました。
当日はPAのお手伝いをします。
下田のなじみの店へポスター配りをはじめました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-05-31 22:18 | この地の人