d0149466_23223444.jpg

9月30日、台風が近づいて昼過ぎから雲行きが怪しくなってきました。
祭りの最終日は『シバガエシ』とよばれる片付けと会計報告を兼ねた晩酌の席が設けられます。
日中、片付けが終わって集会場で今年最後の虎舞を二頭。
午後三時、いつもなら近所のおばさん連中が見物に来るのですが今年はあいにくの天気。
見ているのは来宮会の会員だけ、さらさらと時間が過ぎてゆきます。
それが終われば頭と衣がばらされます。
しっかり結んでいた糸を二人がかりで解いてゆく手際の良さ。

d0149466_23351469.jpg

ばらした虎や提灯、太鼓などをもってお宮へあがります。
そして『オクリ』とよばれる短い太鼓、途中、題名にあげた「よーんやせ」と合いの手が入ります。
太鼓が終わりシャンシャンと手打ちをして鳴りものは全ておしまい。
祭りの道具の眠る境内にある倉庫のシャッターが下ろされます。
そのころからでしょうか、風雨が強くなってきました。
夜は下の集会場では最後の飲み会
台風の風が吹き込まない集会場でのんびり祭りの余韻を味わいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-10-03 23:02 | この地のコトバ
d0149466_092218.jpg

来る9月29日は小稲地区の虎舞の祭りです。
練習は新月の晩から始まりました。
虎の衣を繕ったり太鼓、大太鼓も小太鼓も銘々が稽古。
年々、祭典をうつ人が少なくなってゆきます。

虎の棒組(ぼうぐみ)も仕事の都合で集まらないときは
衣を被らず裸で別の組み合わせで行ったり
子供たちも笛や太鼓の練習をCDに合わせて吹いたりゆったり時間が流れます。

d0149466_033897.jpg

稽古は参加する人数が少なければ早めに終わることもしばしば。
虎山も雨が降る予報なら写真のごとくブルーシートで覆われます。
「そういえば台風ができてこっちへ向かっている」と船長の言葉。
なんだかなあ、自分が役につくと、いつもこの祭りは雨、相性が悪い。

子供の頃、学校の昼休み『和籐内』の御条目をほうきを振りながら練習したっけ。
『和籐内』はこの地区のリアルなヒーローでした。
本番で和籐内を演ずる中学生がヒーローになりますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-09-25 23:40 | この地のコトバ
d0149466_23103393.jpg

8月26日、松本でのサイトウキネン、『火刑台上のジャンヌ・ダルク』のカーテンコールです。
この舞台を観る事ができて本当に幸せでした。
7月から出向した職場のあまりの忙しさに妻と行く予定を断念しました。
縁がないという事なんだなと諦めておりましたら、公演前日、1名キャンセルがでました。
迷ったあげく、一人日帰りで松本までコンサート詣での旅、行きは5時間を切りました。
カーナビなんか付いていないオイラは奥さんの電話誘導で向かった先は松本城先の体育館。
妙に静かでチケットを預かっている先発隊から焦った電話が入る。
気がつけば開演15分前、体育館に車を置いてタクシーを呼びました。
ほどなく迎えに来ていただいたアルプス交通のタクシーの運転手の方は伊豆の大仁で働いていたと。
「絶対間にあいまわせますよ」と川沿いの道とスーパーの駐車場をスルスルすり抜けてゆきます。
5分前、まつもと市民芸術館 に着いてチケットをカウンターで受け取って席に着いたら
開演の鐘の音と同時に着席、舞台の両そでに流れる対訳を見ながらのあっという間の80分でした。
公演後、下田のメンバーに再開、「なかなか来なくて卒倒しそうになった」といわれ苦笑い。
帰りの道すがらオーラを感じたら草間弥生さんの帰郷展、げに松本は文化のパワースポットなり。

d0149466_23382098.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-09-09 23:03 | この地のコトバ
d0149466_23494680.jpg

第5回 小林道夫サマーアカデミーin下田のパンフレットに頂いたサインです。
裏返った圓谷さん野間さん、そして高橋さんごめんなさい。
このサインはドイツ留学が決まった井口さんから頂いたもの、おめでとうございます。
「また下田に来たいです」とおっしゃって頂きました、お願いします。
そして楽しいお話を沢山していただいた北川さん、辰巳さん、長岡さんなど沢山の方
そしてお話ができなかった方々も含めてご縁があったら、また下田でぜひお会いしたいです。

d0149466_0322578.jpg

写真はカンタータ4番のコラールを練習しているときの一場面です。
合唱になると先生がオケをとめる頻度が多くなり「我々は・・・」と指導に入ります。
そう、決して「あなた方は」ではなく「我々は・・・」なんです、そこが奥深い。
演奏会の後、先生のコラールがどうして瑞々しいのかお伺いしました。
「教会の讃美歌のようにザーッと唄うやり方もあるんですけど
私はリートの伴奏をずっとしてきたので言葉の繋がりを大切にしたい」
言葉を選びながらパーティーの喧騒の中に消え入りそうな声で仰ってくださいました。
じつは北川さんからアドバイスを頂いた内容を盛り込んでのブログ記事です、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-08-20 23:03 | この地のコトバ
d0149466_23171420.jpg

六月のブログにあげた潮風で焼けた木々の葉、新芽が出てきました。
本来の春の新芽より若干、色が薄いようです。
一年に二度芽吹く事、この異常な事に木々は大丈夫でしょうか。
高い梢は枯れたままなのが気になります。
これ以上、台風などの塩害を受けませんようにと願わずにはいられません。

d0149466_23391810.jpg

同じ時期に撮った青野川河口のハマボウです。
潮風にも葉が焼けず、夏になると一日花の黄色い花を毎日、沢山花をつけます。
通勤の時、目にとまるのですが梅雨明け前後のほうが花数が多いように思えました。

撮影中、蜂や蝶など虫たちが次々と花々を訪れていました。
川面に面した葦が川面を渡る風に揺れます。
夕暮れどき、ずっと昔から変わらない時間が流れます。

昨年の三月十一日、津波が来たときは「アンカーをつなぐ鎖が玉になったりして
海底ではとんでも無い事が起きていた」らしいと
堤で出会った遊漁船の船長が少し興奮気味に話してくれました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-08-06 23:16 | この地の産物
d0149466_22504847.jpg

「ただじゃないよ」と全強面のオジサンに声をかけられます。
走雲峡の下賀茂側の出口に蓮園、車から降りると、かけられる言葉の洗礼。
はいはい、このシーズンしか訪れない自分はただの観光客、維持費と復興支援の募金が入園費ですね。

このシーズン、朝の8時ごろだと人もまばら。
画用紙を広げて鉛筆画を描いている方ともう一人、熱心に写真を撮られている方と自分たちだけ。
構図を決めてシャッターを切る女性の顔をのぞきこめば実家の近所の方でした。
撮ったお写真は蓮園にも飾られておりプロの方にも絶賛されたとのこと。

d0149466_23125368.jpg

これは加畑神社のキツネノカミソリです。
毎年、見事に咲きそろうのですが今年は、ところどころに穴があります。
地面の荒れ方からしてイノシシかなにかケモノが掘り返した形跡が。

そうそう強面の蓮園のオジサンと話していて自分の身元が分ると
「今週末が見ごろだよ」と言われました。
以前、蓮の実を茹でていただいたお礼を言うと「またおいで」とニヤリ。
じつは今日取り逃したお顔を撮りに伺いたいのです、その素敵な笑顔を。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-07-23 22:48 | デジカメ散歩
d0149466_22294028.jpg

台風4号が去った23日の昼間、夜勤明けでの散歩は小稲の湾沿いに歩きました。
地方新聞に青野川沿いの桜の葉の塩枯れが記事なっていました。
いえいえ、さらに南の海岸に植えられた桜の木たちはもっと無残な事、ほぼ全滅です。
大瀬、石廊崎、池の原、仲木など落葉広葉樹がチリチリと丸まって変色している木の多い事。

撮影をしていると桜の葉の塩漬けのような香りがほのかに漂っています。
桜ばかりでなくサツキの葉なども茶色くなっています。
とくに河津桜の葉のほうが潮風に弱いのでしょうか、枝まで赤茶色になっています。

d0149466_23315014.jpg

台風の時化の後、漁に出た数少ない船が帰ってきました。
イサギを中心にヒラマサなどなどクーラーボックス2つにぎっしり。
昼潮で干潮のさなか岸壁までは人の背丈ほど落差があり、簡単には荷揚げできません。
もうひとつのクーラーボックスへ振り分けて荷を軽くして自分が手鉤を使って水揚げのお手伝い。

お礼に塩焼きにちょうどいいサイズのイサギを5匹頂きました。
ほんの数分のお手伝いとしてはあまりに立派すぎてちょっと照れ臭い。
妻は堤防の上で先にお散歩に来ていた三毛ネコと戯れていました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-06-24 22:27 | この地の産物
d0149466_1027919.jpg

河津のバカテル公園内のオランジェリーでミニコンサートが開かれました。
オランジェリーとは寒さから柑橘類を守るための装飾的な建物の意味です。
建てられた当初は響きのよいホールでしたが会議などに使うため若干、残響が抑えられたそうです。
知り合いのチェンバリスト、杉本周介さんが演奏なさるので伺いました。

演目はイタリア歌曲を中心に耳触りのよい歌曲が続き、ソプラノの原謡子さん。穏やかな唄い方で綺麗な響き。
バロックヴァイオリンの丹沢広樹さんには楽器や曲について分りやすいレクチャーをしていただきました。
途中『模倣のソナタ』では杉本周介さんとともに鳥や動物の鳴き声をまねた演奏、思わず笑いがこぼれました。

d0149466_10464574.jpg

コンサートが終わるころには雨上がり晴れ間が覗き、バラ園を散策することができました。
キオスクと呼ばれる東屋までの砂利道、午前中の雨のせいでしょうかバラの花びらが沢山散っていました。
それを踏みしめながら登る道筋は土の匂いとバラの香りが入り混じった風がそよいでいました。
バロック音楽を味わい、バラの花びらを踏みしめながらの散策はなんて贅沢な時間でしょう。

演奏が終えて見せていただいたヴィオラやバロック弦、そして差し入れられた梅酒などなど。
いつの間にかお話は我が家で造り始めた梅酢で煮た絹の磨き布まで及んで。
閃くとパチンと指を鳴らして目が輝く丹沢さん、またお会いしたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-06-10 10:02 | この地のコトバ
d0149466_23134410.jpg

6月3日、N響オーチャード定期公演とレオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想に伺いました。
ダヴィンチ展の数々のモナ・リザの模写をみながら、マニエリスムという言葉に目が止まりました。
公演前の短い時間でしたが心の足踏みを揃える事が出来ました。

公演は山田和樹先生、初のN響指揮、すべてベートーヴェン、ハ短調の作品ばかりです。
一曲目の『序曲・コリオラン』が終わり切らぬうちの唐突な拍手に手荒い洗礼を感じました。
たしかに揃って綺麗な演奏ですが無難だなあ、名刺交換に例えればいいのかな。
2曲目はとてもオケが重く感じました。指揮がピアノがはねようとしている仲介役に廻っているような。

d0149466_23565770.jpg

写真は道玄坂の名曲喫茶『ライオン』の裏口というか坂上の玄関になります。
此処こそ、時間が止まったマニエリスムのなのかも、公演前お邪魔しました。

さて公演の3曲目は御本人が、お好きだという交響曲5番『運命』です。
第3楽章のホルンのソロの出だしが少し揃わなかったのでした。
ところが、それからオケにいい意味での緊張感というか集中力が漂い始めました。
やっとオケと指揮者の良い対話が聴こえ始じめ、最終章は少し浮遊できた感じでした。
そう、自分は良い演奏ではなく指揮者と演奏者、聴衆との対話の形を楽しみに来ていたのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-06-05 22:54 | この地のコトバ
d0149466_21164171.jpg

公演番号は247、ホールCはドストエフスキーと名付けられていました。
山田和樹指揮、横浜シンフォニエッタの演目は二つともチャイコフスキー。
弦楽六重奏曲 op.70 「フィレンツェの思い出」と弦楽セレナード op.48。
昨年のLFJと同じ弦楽器セクションだけの構成です。

演奏当初はホールの大きさより少し小さな音かなと思いました。
聴いて行くうちに、久々ぶりに山田和樹先生ならではの、きめの細やか。
久々ぶりに音の重力の開放を感じました。
重いと思った音がフワッと鳥の産毛のように舞いあがり光る。
ああ、これだ、去年とは違う、安心しました。

曲間には椅子の配置換えをしている北川さんや袖から客席を覗く碓井さんがチラリ。
ニ曲目は長岡さんがコンサートマスター、指揮者と阿吽の呼吸でオーケストラが走り始めました。
ああ、聡季さん、椅子から立ちあがりそう、それにしても弱音の美しいことよ、じらされました。
第一楽章のジャンのあと『ドーーー』は謎、こんどお会いした時、お話を伺うことにしましょう。
それにしてもケータイのバッテリー切れの警告音、演奏前で良かった、和みました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by hijiki-fugue50146 | 2012-05-20 23:08 | この地のコトバ