カテゴリ:未分類( 11 )

d0149466_2382573.jpg

石廊崎は層雲峡から大瀬側の風力発電がよく見えるところがあります。
最初の峠の少し手前、ここまで来ると風切り音がよく聞こえます。
ブレードのしなりもよく分かってトップで一番しなり
真下付近へ来ると元へ戻る事を繰り返しています。
じっさいは単純に大きく一周の間にしなるのではなく
ブレードの固有振動があるのでしょうか、細かい振動も見てとれます。
これを正面でうけると悪名高い極超低周波になるのかもしれません。

d0149466_23191651.jpg

大瀬側の取り付け道路を上がれるところまで行ってみました。
フェンスのあるところまで行くと目の前にどーんと見えます。
そこに発電量でも表示しているビジターハウスを作ったらいいかもしれません。
ふとわきに目をやると削り取った山の斜面に切れ目が。
これは伊豆沖地震で動いた石廊崎断層の枝でしょうか
まあ風力発電は倒れても原発と違ってそれほど被害はありませんが。
ただし、ここの会社が下北半島に原子力発電所を作っているのが気になります。

d0149466_2332681.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2011-06-22 22:37
d0149466_0204421.jpg

事務局長で主席フルーティストの北川森央さん
主席バイオリニストの長岡聡季さんのブログを時々、拝見していたら
我慢できずに馳せ参じました、横浜青葉で開かれた第3回演奏会。

はじまる前、小腹がすいたので入ったPAULというパン屋さん
軽くのつもりが、けっこう重かったです。

d0149466_0355364.jpg

横浜青葉のフィリアホール、口の悪い知り合いが
「音はワリイ(悪い)よ」と言いましたが、こじんまりとしていい雰囲気。

公演は北川森央さんと山田和樹先生の楽しいプレトークからはじまりました。
そしていくつかのサプライズが。。。。

冒頭に演奏した演目にはなかった『G線上のアリア』は悲しいお知らせで
和樹先生がこちらを向いて深く頭(こうべ)を垂れるまで
拍手をすることが出来ませんでした。

藤倉大さんの曲は演奏者を客席までちりばめたせいでしょうか
澄んだ光りや陰、風、そして小さな生き物から獣まで会場に現れてきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-11-06 00:22
d0149466_23105258.jpg

大人たちの練習にも熱がこもってきました。
虎山の下にコロンと置かれたコロモ。
あまり大きさを感じません。
でも大人二名がはいると、さすがに大きくなります。

d0149466_2323075.jpg

人の動きが、タガへ、そしてタガを繋ぐ糸、最後は虎のコロモと
とても複雑な伝わり方をします。
それも狭いコロモの中で
前後、二人の人間が連なったり担ぎ上げたりと連携をとりながら。
虎山の欄干に寄ったり、中央で頭(上半身)の人間を担ぎ上げ立ち上がったり。

d0149466_23155967.jpg

浜の虎は三組まわしますので今日はその順番どおりで通します。
舞い方の基本は同じでも三組三様でぜんぜん違う虎に感じます。
それは二人のたましいがコロモまでにじみ出てくるような。
いえ、それはコロモの中で舞っている方々の激しい息づかいであったり
汗、そして伝統を紡ぐ心意気なのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-09-17 22:07
d0149466_0433059.jpg

「自殺(自死)を予防するにはどうしたらよいのだろう」へ参加しました。
オープンフォーラムを行う会場のすぐ脇には神社が佇んでました。

で。
始まる前、少し散策をしていたら幹だけになった大木が
写真で生えているように見える枝は後ろの木の枝です。
「あなたは何もの?」幹に触れるとそのへんの木より少し固い感じ。

フォーラムじたいは、そんな幹だけの木が
何本も出来そうな雰囲気に幾度かなりかけました。
その都度、ファシリテーター達の芸術的なご尽力で
対話をする時と場に軟着陸させていただきました。

自分にとってはフォーラムの内容もさることながら
常々思っている『対話』ということを少し深く見つめることができました。
対話をする時の自分の心持ちを覗き見たような
そしてそれはパンドラの箱かもしれません。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-09-14 01:09
d0149466_22412457.jpg

今年も行きました、小林道夫先生のサマーアカデミーin下田。
昨年の様子は以前のブログであげています。
このアカデミーの大きな特徴は小林先生直伝によるレッスン。
個人レッスンと最終日の演奏会に向けたレッスンが聴講できること。

d0149466_2332621.jpg

今年は虫食いながら3日間続けて聞くことができたので
演奏会の演目、バッハのカンタータ151番と147番の聞き所を
自分なりにつかめました、そして、つくづく思ったこと。
新しいことをすることと、音楽の鮮度を保つことは別なんだなあ。
鮮度を保つというより、今、バッハが書き上げた曲として聞こえる
この過程を拝聴できること、こんな機会はこのアカデミー以外ないと思うのです。

d0149466_23225855.jpg

一枚目の写真で小林先生の前で、陣頭指揮を執ってらっしゃる
実行委員長をつとめた北川森央さん、ご苦労様でした。
ソプラノの森有美子さんのレッスンのとき、オーボエとアンサンブルで
突然、フルートを演奏、素敵なハプニングでした、ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-08-29 23:33
d0149466_21435687.jpg

屋根ごしに見える白い筒状のもの
薪ストーブの煙突ではありません。
石廊崎から下賀茂に抜ける走雲峡ラインに
何件か都会から越してきた方がゆったり住んでます。
残念ながら「住む」が過去形になってしまいそうです。

この方の家は、風力発電より少し標高が高いため
ナセルがより低く、近くなっています。
自分が手に入れた環境影響評価にある位置より
ずらしてタワーが建てられたと伺っています。

最初の図面ですと250メートル以内。
ずらしても300メートルが限界だと思います。
どんな事前調査をして、この事業が行われたのでしょう。
この家のすぐ前に工事の事務所があります。
工事関係者にも稼働後は一緒に家族を連れてぜひ、住んでいただきたいです。
d0149466_2212371.jpg

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2009-09-09 22:29
d0149466_1412497.jpg


風力発電の変遷所です。
東京電力へ売電するために電圧を合わせます。
東電の変電所に隣接して小中学校があります。
ヒマワリ畑のすみっこ
春には菜の花畑とミナミ桜が咲き競い
観光客で賑わうところです。

d0149466_145764.jpg


青野川をまたぐ鉄塔です。
風力発電で発電された電気は
ここまで休耕田に地下埋設され送電されます。
自分の住んでいる地区を通るので
説明かが何回か開かれました。
議事録にも残っているのですが
第3者機関による電磁波の測定を工事前後でする予定でした。
どうやら、それも守られそうもありません、残念です。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
よろしかったら、クリックをお願いします。
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2009-08-23 14:12
d0149466_22113266.jpg


フィンランドで開発された
障害者のための音楽療法です。
色と形で出来た譜面で演奏する。
おもに知的障害(どう言ったらいいんだろう、個性だと思うのだけれど)
が使いやすいようにつくられています。

写真の左手から共同主催者のマルク・カイッコネンさん
真ん中が考案者であるカールロ・ウーシタロさん。
黒のTシャツのアクセントがフィギャーノートの音符です。
右手の品の良い、女性の方が通訳のシルクさん。
日本人より奥ゆかしくて素敵な女性でした。

d0149466_22304052.jpg


自分の持っているフィギャーノートは黄色の表紙。
こんかい紹介されたバージョンは緑。
絵本になっていたり、塗り絵になっていたり。
自分も直接、指導していただいてドキドキ、ワクワク♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2009-07-07 22:37
ちょいと車好きです。
CSで車の番組をみてました。
デトロイトで行われたモータショーの事。
欠席をした会社もあったけど
ヨーロッパの大手は本社から社長クラスが大挙してきていた事。
アメリカの危機を何とか救おうという情熱を感じたと。
日本は車のみで、なんだかなぁって内容でした。

で。
今年の東京モーターショーは
出典を取りやめる会社が多いと。
多分、次の車の規格(電気自動車とか)を決める時は
ヨーロッパとアメリカで出決めて
アジアはのけ者かも。

そのあと麻生さんが訪米して
アメリカ国債を大量に買い付ける約束をしてきた事。
多分
ヨーロッパはドル債を買い支えない。

精神はヨーロッパ
お金は日本みたいな。
いつかの戦争みたいな構図。
相手は賢いよ。

いいも悪いも文化の違い。

車に対して商品なのか精神なのか。

「そこそこの性能で
安いピアノを大量に作って。
地元のピアノの会社をつぶしてしまった。
それはピアノという文化に対する冒涜です」と
こぼしていた下田在住のジャズピアニストの言葉を思い出しました。

階級や階層の仕組みの違いもあるけど
日本は何かをお金で売ってしまった気がする。

彼の「りんご追分」が聞きたい。
雨が降り続きます。
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2009-02-28 00:07
d0149466_024278.jpg

菜の花がそろそろ終わる。
みどりの風の中で
きいろい風船になって飛んでゆく。
ゆっくり催眠術にかかる。
d0149466_045774.jpg

冬枯れの山が突然、霞がかかる。
この季節、こんなところにも
桜があったのかと気が付く。
みどりの洪水の前のサクラの人権宣言。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2008-03-30 00:08