花からウロコ。

d0149466_21361055.jpg

アロエの花のつぼみ、まわりのガクでしょうか、ウロコに見えてきます。
その昔、恐竜時代にもアロエは生えていたのでしょうか。
もし、そうなら、爬虫類や昆虫などの擬態に色とか形が使われていたはずです。
想像は広がって、恐竜で鱗状の皮膚を持っているがあれば、これに似ていたのかも。
紅葉梅雨でしょうか、暖かい雨のときもあり、そうでないときも。

調べてみるとアロエはワシントン条約で輸出入が規制されているんですね。
この辺では、水はけがよければ、どこでも根づき、どんどん増えるので
そんな植物だとは正直、思いもしませんでした。

ただし今年の暑さと雨の降りかたは、少なからず影響があったようです。
いつもの散歩道のわきにあるアロエ畑で働いているご夫婦
「今年は根付いたと思ったら、雨で土が流れたり、根が傷んだりで
全然大きくなれなかった、これじゃ収穫が出来なくて大打撃だよ」と。

もうすぐ赤い房のような花がたくさん伸びて咲きだします。
この花が終わる頃、スイセンの花が咲く時期になります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村クリックお願いします。
[PR]
by hijiki-fugue50146 | 2010-11-26 21:39 | この地の産物